マネーフォワード クラウド経費

money forward_アイキャッチ

マネーフォワード クラウド経費とは

マネーフォワード社が提供しているマネーフォワード クラウド経費は、「申請者」「承認者」「経理」「経営」にとっての経費精算におけるムダを徹底排除し、売上に変えていく『三方よしの経費精算システム』です。

マネーフォワード クラウド経費の特長

1.オートメーション

様々な明細・領収書が自動で取得されるため、入力間違いの心配もありません。

また、経費精算の振込依頼がワンクリックで完了、FBデータのアップロードが不要になります。

経理担当者や承認者のメリットとして、不備入力防止機能があり、明細の重複や領収書の有無により不備があった場合には警告を出すことや、申請できないようにすることも設定上可能です。

2.モバイル

移動中でも申請や承認業務が可能になり、思いついた時にすぐに取り掛かることができます。

3.総合振込対応

総合振込データをそのまま一括で送信できるため、手間もミスも減らすことができます。従業員への立替分の支払いはマネーフォワード クラウド経費から直接銀行へアップロードする統合振込データの出力が可能です。

4.経費の可視化

様々な経費の可視化ができるため、ムダな経費の削減や不正利用防止にも。従業員、部門、費目などの軸で利用経費を可視化し、申請前の経費もリアルタイムで把握することができます。

マネーフォワード クラウド経費による費用削減

経費精算業務全体の中で、従業員の申請業務は最もコストがかかっているため、手入力の手間軽減などによる申請作業の時間削減は重要な観点です。
次いで時間単価の高い上長承認が大きな部分を占め、アプリによる承認の早期化などの対応が有効です。

マネーフォワード クラウド経費の機能

1.写真を撮るだけ

領収書をスマートフォンで撮影するだけで、OCR読取りで自動で書き起こし、またはオペレーターが打ち込みをします。

2.明細は自動で取得

日付や金額、科目まで自動で補完。あとは領収書を添付するだけ。クレジットカードや電子マネーなども自動取得した明細から経費登録されます。よく利用する経費のテンプレート機能や、賢くなる経費科目の自動分類ルールなど、使えば使うほど入力の手間が減ります。

3.ワンタッチで取り込み

面倒な電車代・バス代の経費登録が一瞬で完了。交通系ICカードは「ICカードリーダー by マネーフォワード」アプリで明細を自動で読取りが可能です。
モバイルSuicaを使う方には、明細を全て自動で取り込み機能もあります(iPhone 7 / Android)。

4.経路検索から交通費入力

出発〜到着を登録するだけで電車・バスの運賃や経路が自動で算出されます。「往復」「ICカード優先」などの項目もありチェックをつけるだけで自動で計算されます。また、「定期区間」を事前に設定することで、設定された区間の運賃が自動控除されます。

5.申請・承認がスマホで完結

経費申請も承認もスマホで補完。時間も場所も選びません。申請内容に振っ日があった場合、チャットでの連絡もでき、移動中などのスキマ時間も活用できます。

6.家計簿サービスと連携

MoneyForwordと連動し、立替経費と個人支出を明確に分けて管理ができます。マネーフォワード経理上で経費登録をすると、立替経費は自動的にプライベートな支出から控除が可能となります。

マネーフォワード クラウド経費のセキュリティ対策とは

金融機関と同レベルのセキュリティがあるため、データがしっかりと守られています。

マネーフォワード クラウド経費の導入企業

まとめ

マネーフォワード クラウド経費は、従業員、承認者など、会社内での全ての人に向けてこれまでかかっていた時間から開放され、本来やるべき仕事に時間を割けるようになるサービスです。
更に、使えば使うほど自分たちに合った科目が作られていくなど、どんどん使いやすくなっていくのも特長。
本来やらなければならない仕事に時間を使い、面倒なことはマネーフォワード クラウド経費に任せてみませんか。

何かお困りではないですか?チョットした事でもお問合せお待ちしています!
下記リンクをクリックお願いします。

お問合せする